フォローする

教育機関向け Adobe Spark とは何ですか?

教育機関向けの Adobe Spark は、すでに多くの方にご愛用いただいている一般向け・有料版の Adobe Spark と同じ機能を特別に無料で利用できるものです。

教育機関向けと一般向けとの違いは、デプロイメントとインストールの方法です。教育機関向け Adobe Spark のデプロイメントにより、教育機関にとって重要な以下の機能を追加できます。

  • データプライバシーの強化 : オンライン上の児童生徒のプライバシー保護関連法
    (例 : COPPA=米国の児童オンラインプライバシー保護法) に準拠した導入が可能です
  • 簡単なログイン : 児童生徒や学生が学校の既存 ID で簡単にログインできるシングルサインオンを設定できます
  • 児童生徒や学生の安全を守るための管理機能の強化 : 教育機関が管理者アカウントを持ち、管理権限を行使することができます。
    また、Adobe Spark 上に表示される画像やプロジェクトは児童生徒に適したものに限定されます。
  • 無料の追加機能 : 共有機能、プレミアムテンプレートの利用など、Adobe Spark の一般向け・有料版での提供と同様に全機能が使えます(一般向けは通常 1 ユーザーあたり税別 980 円/月)。

教育機関向け Adobe Spark の詳細については、こちらをご覧ください

この記事は役に立ちましたか?
13人中9人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください