Adobe Spark is now Adobe Express!
Adobe Express replaced Adobe Spark on the web and Adobe Spark Post on mobile.

For support with Adobe Express please click here
If you need support for Adobe Spark Page or Adobe Spark video on the iPhone or iPad please click here

フォローする

Spark Video にマイクの問題があります。

場合によっては、保護ケースがデバイスのマイクの邪魔になり、静電気などの問題を引き起こすことがあります。問題がある場合は、よりクリアに録音できるようにケースを慎重に取り外してください。

注 : この記事のこの記載については、Web の Spark ビデオにのみ適用され、Spark Video の iOS アプリには適用されません。

声の録音で問題が発生している場合、いくつかの理由が考えられます。次の方法でトラブルシューティングできます。

まず、コンピューターのスピーカーがミュートされていないことを確認してください (実際には録音されていても、再生されていないだけかもしれません)。

次に、ここに記載されている手順に従って、アクセス許可が正しく設定されていることを確認します (手順についてはここをクリックしてください)

依然として問題が解消しない場合は、システムのサウンド設定を確認する必要があります。

MAC

Mac を使用している場合は、Apple メニュー/システム環境設定/サウンドの順に選択します。

入力の下で、音量が適切なレベルに設定されていることを確認します。小さな声で話している場合は、Mac で音声を捉えることができるように、入力音量を大きくしてください。

 

選択した入力デバイスをもう一度確認することもお勧めします。内蔵マイクを使う方法が一番簡単です。

注意 : 「周囲のノイズを減らす」をチェックすると、背景ノイズが減少し、大音量でクリアになります。

「出力」で、適切なレベルに音量が設定されていることを確認します - これによってビデオ再生の音声が聞こえます。

PC

PCで、設定/サウンド/録音中の順に選択し、再生と録音の両方でデフォルトのデバイスが有効であることを確認します。「レベル」で、音量を制御できます。


引き続き問題が発生する場合

依然として録音の問題が解消しない場合は、最後に 2 つのことを確認してください。

  • 機器に実際にマイクが内蔵されていることを再確認してください。内蔵されていない場合は、外部マイクを接続する必要があります。
  • Spark Video チームでは、Chrome のオーディオ録音機能に影響するバグを把握しています。この点が問題であると思われる場合は、Chrome を再起動してみてください。
この記事は役に立ちましたか?
95人中24人がこの記事が役に立ったと言っています