フォローする

WebGL のエラーメッセージが表示されます。

Adobe Spark では、最適なエクスペリエンスを提供するために、インタラクティブな 3D および 2D グラフィックスをレンダリングするための WebGL と呼ばれる WebGL テクノロジーが必要です。WebGL ライブラリは、すべての最新のブラウザーでサポートされています (例 : Google Chrome、Mozilla Firefox、Apple Safari、および Microsoft Edge)、および最新のハードウェア構成。

Adobe Spark の使用中にエラー メッセージ「WebGL が無効です」が表示される場合は、次のことが可能です。

  • ブラウザーを閉じ、コンピューターを再起動することが必要になる場合があります
  • お使いのブラウザーを更新する必要があります
  • お使いのブラウザーで WebGL およびハードウェアアクセラレーションが無効になっています。以下の手順に従ってハードウェアアクセラレータが有効になっていることを確認した場合は、電源を切ると問題が解決することがあります。
  • WebGL のブラウザープラグインが無効
  • IT 組織でコンピューターの WebGL が無効にされている
  • お使いのコンピューターのハードウェアで WebGL がサポートされていない

Google Chrome ユーザー

Google Chrome で WebGL およびハードウェアアクセラレーションが有効であることを確認するには、次の操作を行ってください。

  1. Google Chrome を起動
  2. アドレスバーで、chrome://settings/?search=hardware に移動します
  3. 「使用可能な場合はハードウェアアクセラレーションを使用する」がオンであることを確認します。既にオンである場合は、オフにすると問題が解決することがあります。
  4. Chrome を終了し、再起動します
  5. 問題が解決しない場合は、Mozilla Firefox などの別のブラウザーをお試しください

お使いのブラウザー/ハードウェアで WebGL がサポートされているかどうかの詳細については、GetWebGL サイトをご覧ください。お使いのブラウザーで WebGL がサポートされており、上記の手順で問題が解決しない場合は、調査を行いますので問題の説明、問題が発生した経緯、お使いのコンピューターに関する情報をカスタマーサポートまでお知らせください。以下に、お使いのコンピューターの種類に応じた必要な情報の検索方法を示します。

  1. Mac コンピューターをご使用の場合:
    1. 左上の Apple メニューをクリックします
    2. 「この Mac について」メニュー項目をクリックします
    3. 開いたダイアログのスクリーンショットを取ります。これは、次のようなものです。
      1. Screen_Shot_2018-03-28_at_7.07.18_PM.png
    4. このスクリーンショットを送信するサポートチケットに添付します
    5. このダイアログの「システムレポート」ボタンをクリックします
    6. 「ハードウェア」で「グラフィックス/ディスプレイ」をクリックします
    7. 右側ですべての情報を選択してコピーし、送信するサポートチケットの説明に貼り付けます (または、この画面のスクリーンショットを取ってサポートチケットに添付することもできます)
    8. また、WebGL エラーが発生したときに実行した操作や実行中だった操作についてもお知らせください
    9. チケットフォームの他のフィールドに記入し、送信します
  2. Windows コンピューターをご使用の場合 :
    1. 実行ツールまたは Cortana 検索バーで「dxdiag」と入力して、DirectX 診断ツールを実行します
    2. 次のようなウィンドウが開きます
      1. screenshot-1.png
    3. 「すべての情報を保存...」ボタンをクリックします
    4. テキストファイルをデスクトップに保存します
    5. このテキストファイルを送信するチケットに添付します
    6. また、WebGL エラーが発生したときに実行した操作や実行中だった操作についてもお知らせください
    7. チケットフォームの他のフィールドに記入し、送信します
  3. Chromebook をご使用の場合:
    1. ブラウザーのアドレスバーに「chrome://system」と入力します
    2. ファイルメニューをクリックし、「名前を付けてページを保存...」をクリックします
    3. Chromebook にページを保存します
    4. このページをファイルとして送信するチケットに添付します
    5. また、WebGL エラーが発生したときに実行した操作や実行中だった操作についてもお知らせください
    6. チケットフォームの他のフィールドに記入し、送信します
この記事は役に立ちましたか?
136人中71人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください